トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月25日 (木)

帆柱純粋階段

路上観察のブログということで、 「超芸術トマソン」の発見例も、載せていきたい(笑)。
まずは、記念すべき第1件目のトマソン報告! 
第1件目ということでご近所の物件と思いきや、北九州市での発見です。

Thomason001_2【発見年月日】
 2006年5月21日

【発見場所】
 北九州市八幡東区帆柱

【コメント】
 時々訪れる行き先で、いつも目にしている景色だったのに、ココにトマソンが存在していることに気付かなかったとは・・・。
 狭い庭先から隣接する倉庫(らしき建物)に移るための階段と思われるが、上った先には、入口どころか、もう屋根が迫っている(笑)。
 坂の多い北九州市だけに、こうした物件は探せばもっと発見できるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

キジムナー

4年前。初めての沖縄の旅。
初めてというのに、最北端の辺戸岬まで足を延ばした。
そこで、こんな石を発見!
Kijimunar_2日本には古来、“見立て”という、ある物を別のものと仮にみなして表現するモノの見方、あそびがあるが、この、穴の開いた平たい石灰岩を“見立て”てみると、沖縄をはじめとする南の島々に住むといわれる、妖怪(あるいは木の精霊)“キジムナー”に見えてくる。
(見様によっては、一反木綿とかジャミラにも見えるが・・・笑)
Hinpungajyumaru_3沖縄には、こうしたガジュマルやアコウの巨木があちこちに見られるが、
(写真は名護市のヒンプンガジュマル)
入り組んだ枝や気根の隙間から、“キジムナー”が顔を出しそうである。
この旅をきっかけに、ワタシはすっかり沖縄にはまってしまった(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

さらにブログ開設(笑)

かつて「路上を転がる眼」としてHPに掲載していた路上観察のページをリノベーション。ぶらぶらさまよう日々を、旅と路上観察の話題を中心に綴っていきます。
コチラもどうぞご愛顧の程。

ちなみに、このブログのタイトルは「前略、道の上より」ですが、“一世風靡セピア”とは、まったく関係も関連もしていません(笑)ので、あしからずご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »