« 2006年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月 1日 (日)

炭都ビル 消ゆ

-『もの喰う日々 もの思う日々』から、一部加筆、再編集して転載- 


 先日、つらつらとtwitterタイムラインを眺めていたら、驚きのツイート が。ソースへのリンクがあったので、記事を確認。

 

「筑豊繁栄の象徴」に別れ 炭都ビル 9月解体

 福岡県飯塚市が炭鉱で栄えていた時代の面影を残すJR飯塚駅前の「炭都ビル」が9月、老朽化のため解体される。1950年に建設された鉄筋コンクリート4階建ての2棟。1階には店舗が入り、2階以上は当時珍しかった水洗トイレ付きの高級アパートだった。「筑豊繁栄の象徴」ともいわれた建物が、惜しまれながら姿を消す。

 2013/08/27 西日本新聞 朝刊


 とうとうこの日が来たか・・・ というのが正直な感想だ。


Tanto_build_1
 このブログ飯塚駅前の姿を書こうと思って、写真を撮ったのが2006年8月。


Iizuka_st_200608
 当時の飯塚駅。今はスーパーASO昭和通店の向かいにあるからあげ大将飯塚本店が、1階のテナントに入っている。


Iizukast_street_1
 駅前通りの街灯には、“鉱山機械”の会社の名前が残っていた。


Iizukast_street_2
 かつて、福助足袋の代理店かナニかだったのだろうか? ブランドロゴの福助人形の木製看板が掲げてあるトコロもあった。

 このエントリーの写真は全てその時撮影したモノで、ココの更新もその時期から止まったままだ(苦笑)。


Tanto_build_2

 で、7年前のこの時でさえ、1階の商店街で残っていたのは角の果物店ぐらいだった。

続きを読む "炭都ビル 消ゆ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2013年10月 »