路上観察

2013年10月20日 (日)

消えゆく炭都ビル

 9月に解体というニュースを聞き、記事をエントリーしてから1ヶ月余り。なかなか始まらないなぁ・・・、と思っていたら、工事が始まっていた。


Tanto_build_4


 ガレキが飛ばないように、ビルの外側をグレーの幕で覆っていた。幕の内側は、というと・・・


Tanto_build_5


 かつての商店街部分を含め、かなり仕事が進んでいた。ゲームセンターヤマトや千鳥ラーメンがあったトコロは、跡形も無い。


Tanto_build_6


 南側の棟は、これから取り掛かるような感じ。

 しかし、炭都ビルがなくなったら、飯塚駅前にポッカリ穴が開いたようになるんだろうなぁ。再開発の青写真はどうなるのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

炭都ビル 消ゆ

-『もの喰う日々 もの思う日々』から、一部加筆、再編集して転載- 


 先日、つらつらとtwitterタイムラインを眺めていたら、驚きのツイート が。ソースへのリンクがあったので、記事を確認。

 

「筑豊繁栄の象徴」に別れ 炭都ビル 9月解体

 福岡県飯塚市が炭鉱で栄えていた時代の面影を残すJR飯塚駅前の「炭都ビル」が9月、老朽化のため解体される。1950年に建設された鉄筋コンクリート4階建ての2棟。1階には店舗が入り、2階以上は当時珍しかった水洗トイレ付きの高級アパートだった。「筑豊繁栄の象徴」ともいわれた建物が、惜しまれながら姿を消す。

 2013/08/27 西日本新聞 朝刊


 とうとうこの日が来たか・・・ というのが正直な感想だ。


Tanto_build_1
 このブログ飯塚駅前の姿を書こうと思って、写真を撮ったのが2006年8月。


Iizuka_st_200608
 当時の飯塚駅。今はスーパーASO昭和通店の向かいにあるからあげ大将飯塚本店が、1階のテナントに入っている。


Iizukast_street_1
 駅前通りの街灯には、“鉱山機械”の会社の名前が残っていた。


Iizukast_street_2
 かつて、福助足袋の代理店かナニかだったのだろうか? ブランドロゴの福助人形の木製看板が掲げてあるトコロもあった。

 このエントリーの写真は全てその時撮影したモノで、ココの更新もその時期から止まったままだ(苦笑)。


Tanto_build_2

 で、7年前のこの時でさえ、1階の商店街で残っていたのは角の果物店ぐらいだった。

続きを読む "炭都ビル 消ゆ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

五芒星

Manhole去年の5月に長崎を旅した。

ホテルに着いたあと、近くのコンビニまで歩いて出かけたのだが、街のあちこちに五芒星を見かけた。まさか、南蛮渡りの切支丹伴天連の妖怪から長崎を守護するためか、それとも、原子爆弾で命を奪われ、彷徨う浮かばれぬ霊魂を寄せ付けないためか、などと陰陽道的な妄想を逞しくしたが、周りを見回すとどうも様子が違う。街頭に付けられた旗など、新しいものにも五芒星が描かれていた。
後で調べて合点がいったのだが、この五芒星は長崎市の市章で、草書の“長”をデザインしたものだという。まったく陰陽道などとは無縁のマークだったのだが、それでも街のあちこちに五芒星を探して、長崎の街歩きを楽しんだ。

この旅では、銅座町の長崎東映ホテルの前にあった屋台で、見知らぬ人と飲んで食べて、明け方近くまで騒いだ思い出がある。また、あの屋台を訪れてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

キジムナー

4年前。初めての沖縄の旅。
初めてというのに、最北端の辺戸岬まで足を延ばした。
そこで、こんな石を発見!
Kijimunar_2日本には古来、“見立て”という、ある物を別のものと仮にみなして表現するモノの見方、あそびがあるが、この、穴の開いた平たい石灰岩を“見立て”てみると、沖縄をはじめとする南の島々に住むといわれる、妖怪(あるいは木の精霊)“キジムナー”に見えてくる。
(見様によっては、一反木綿とかジャミラにも見えるが・・・笑)
Hinpungajyumaru_3沖縄には、こうしたガジュマルやアコウの巨木があちこちに見られるが、
(写真は名護市のヒンプンガジュマル)
入り組んだ枝や気根の隙間から、“キジムナー”が顔を出しそうである。
この旅をきっかけに、ワタシはすっかり沖縄にはまってしまった(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)