超芸術トマソン

2006年8月23日 (水)

吉隈純粋階段

Thomason007_1 【発見年月日】
 2006年8月20日

【発見場所】
 嘉穂郡桂川町大字吉隈

【コメント】
 高田阿部定物件の写真を撮りに行こうと愛車を走らせている途中、通りがかった交差点のそばで発見した物件。まさに、類は友を呼ぶと言ったところか(笑)。

Thomason007_2 道路に面した宅地の一角を地上げした際に、階段としての用途を失ったと思われ、行く手はいくぶん新しい感じのコンクリートブロックで塞がれている。
横から見てみると、わずか50cm程の隙間が残されている。雨水等の排水を考えてブロックが積まれたと思われるが、もしかしたら大雨の時には、この純粋階段は滝のような様相を呈するのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

高田阿部定物件

Thomason006_1 【発見年月日】
 2006年7月30日

【発見場所】
 飯塚市(旧筑穂町)高田

【コメント】
 たまたま通りがかった高田口交差点で、信号待ちの時に発見した物件。

 乱れ石垣の上に築かれた丁寧な造りの塀に、半身を埋め込まれた状態で立っていた電柱が、塀の高さに合わせた形で見事に切断されている。断面は見事に丸く整えられ、その美しさに、信号待ちのわずかな時間に衝撃を受けた。

Thomason006_2 始めは電柱の支柱かとも思ったが、陶製のプレートに記された日本電信電話公社のマーク(あぁ、懐かしい)と、製造年を表す「1974」が、電話線の電柱であったことを物語っている。
 埋め込まれた状態からすると、石垣や塀が作られる前からこの電柱が存在していたことが分かるのだが、なぜ、このように見事に切られなければならなかったのか。電柱をも塀の一部としたこの家の住人は、この存在をある意味容認していたはずなのに・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

平恒純粋階段

Thomason005【発見年月日】
 2006年7月22日

【発見場所】
 飯塚市(旧穂波町)平恒

【コメント】
 閉鎖された機械工場にある純粋階段。階段を上った先は、コンクリートブロックで塞がれている。かつて、石炭運搬で栄えた上山田線平恒駅(現在は道路)に隣接しており、駅への通路だったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

中益純粋階段様物件

Thomason004_3【撮影年月日】
 2006年6月11日

【発見場所】
 嘉麻市(旧嘉穂町)中益


【コメント】

 県道に面した食品工場の向かい側の駐車場にある、純粋階段のような踏み台のようなトマソン。一段目には何かを掛けるためのものか、鉄の輪状の突起が出ている。
 色々な方向から見てみたのだが、階段でもなく、旗立台でもなく、何かを乗せる台でもなく、もともとの用途がまったく分からない。その謎めいたトコロが、トマソンのトマソンたるゆえんなのだが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

菰田西高所物件

今、古き良き時代として注目が集まる“昭和”。その名を冠する“通り”は全国各地にあると思われるが、身近な飯塚市にある“昭和通り”に、トマソンを発見した。

Thomason003【撮影年月日】
 2006年5月31日

【発見場所】
 飯塚市菰田西

【コメント】
 今は廃業している医院の建物の二階にある高所物件。恐らくはココに非常階段がしつらえられていて、階段への扉があったと考えられる。今は、木目調のプリントが施されたトタン板で、きれいに塞がれている。見ようによっては無用扉ともヌリカベとも思われる物件である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

上町原爆型物件

 ワタシが住んでいる(旧)嘉穂町は、古くから商業で栄えた町である。今でこそ鄙びた町だが、そんな町でも往時の繁栄を偲ばせるトマソンを発見した。

Thomason002_2【撮影年月日】
 2006年5月31日

【発見場所】
 嘉麻市(旧嘉穂町)大隈町
 (通称上町“かんまち”)

【コメント】
 商家の蔵と思われる建物に残る原爆型物件。白い漆喰の壁となまこ壁との間に残るわずかな屋根の形は、どのような建物の痕跡だったのであろうか・・・。

 建物や構造物の新陳代謝が少ない田舎町には、トマソンは見られないだろうと思っていたのだが、そうした先入観を打ち崩す物件が、自宅や職場の目と鼻の先にあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

帆柱純粋階段

路上観察のブログということで、 「超芸術トマソン」の発見例も、載せていきたい(笑)。
まずは、記念すべき第1件目のトマソン報告! 
第1件目ということでご近所の物件と思いきや、北九州市での発見です。

Thomason001_2【発見年月日】
 2006年5月21日

【発見場所】
 北九州市八幡東区帆柱

【コメント】
 時々訪れる行き先で、いつも目にしている景色だったのに、ココにトマソンが存在していることに気付かなかったとは・・・。
 狭い庭先から隣接する倉庫(らしき建物)に移るための階段と思われるが、上った先には、入口どころか、もう屋根が迫っている(笑)。
 坂の多い北九州市だけに、こうした物件は探せばもっと発見できるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)